トップページ  > バラの香りを楽しむ方法 > バラの香水

バラの香水

パヒューマーズワークショップ/ティーローズ

ローズオイルが配合されているバラの香りがする香水のなかで個人的に気に入っている&気になっている香水をご紹介したいと思います。

今一番のお気に入りのバラの香水は、「パヒューマーズワークショップのティーローズ」という香水です。 純粋なバラの香りではなく、いろいろな精油が混ざっていてトップはローズとベルガモット、リリーの香り、 ミドルはジャスミンやチュベローズの爽やかな香り、ラストはシダーやローズウッド、アンバーのスパイシーで甘い香りが広がる香水になります。

強烈なバラの生の匂いするので、人工的なバラの香りに慣れている人はびっくりするかもしれません。 バラ園のなかにいるかのような本物に近いバラの香りが楽しめるのが特徴です。

あくまで本物に近い香りであって本物ではないので注意してくださいね。

ロクシタン/ローズオーデキャトルレーヌ

次の気になる香水は、ロクシタンのローズオーデキャトルレーヌという香水です。

透明でクラシカルなデザインの容器に、薄いピンク色の香水が入っていてとても可愛いなパッケージが特徴です。 この香水にはグラースローズ、トルコローズ、ダマスクローズ、モロッコローズの4種類のローズオイルが配合されています。

バラののフワッとした嫌味が無い香りで上品な雰囲気を醸し出せます。 甘さが絶妙なので、バラの香りがちょっとキツいな?と思っていた人も安心して利用できると思います。

バラの香水のリベンジにおすすめします。

クラブツリー&イヴリン/イヴリンローズ オードパヒューム

最後にご紹介する香水は、クラブツリー&イヴリンのイヴリンローズという香水です。

生きているバラの香り再現するために、特別に栽培されたバラを1種類を使用していて、かぎりなく生花に近いローズの香りを香水が作られています。 石鹸のような控えめなフレグランスなので、好みが分かれる香水なかでも万人受けするものだと思います。

いい香りをさせたいけれど、香害が気になるという方には手に取ってほしい香水です。

バラの香りがする香水といっても、爽やかで清涼感を感じる香りから、甘くてセクシーな香りやフルーティーな香りなど様々なものがあるので、 その香水を使うシーンをイメージしてうまく使い分けながらバラの香りを楽しんでみてくださいね。

前のページ 精油  | トップページ |  次のページ バラの香りのシャンプーや石鹸
Page top icon