トップページ  > ローズオイルの効果 > 免疫力を高める効果

免疫力を高める効果

ローズオイルで免疫力が高まる理由とは?

知る人ぞ知るローズオイルの効果効能に免疫力の強化作用があります。

古くからダマスクローズの産地であるブルガリアではローズオイルの強い殺菌作用や抗炎症作用、 そして免疫力強化作用が注目されて家庭の薬として活用されてきたのはお伝えしたとおり。

加齢とともに低下する免疫力を高めることで自然治癒力も高まり、体質改善とアンチエイジングに役立てられてきた歴史があるんですね。これは古い医学書にも残っている事実です。

ローズオイルの免疫力強化作用ですが、ストレスを緩和して自律神経のバランスを整えることで腸の働きが正常になり、免疫力が強化されるという流れになっています。

ストレスやそれによる自律神経の乱れは免疫力低下の大きな原因です。これを解消できるのがローズオイルなんです。 心身のバランスを整えるヒーリング効果で体の自然治癒力を高めてくれます。

ローズオイルが腸内環境をよくする?

免疫力が腸と大きく関係していることをご存じでしょうか?

免疫細胞の70%が腸に集中しているため腸内環境が乱れると免疫力が落ち、逆に腸内環境がよくなると免疫力が上がって病気にもかかりにくくなります。 毎年インフルエンザが流行するとヨーグルトが売れるのも腸内の細菌バランスを改善して免疫力を高めるためなんですね。

加齢によって免疫力が低下する理由のひとつというのが加齢によってウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌といった悪玉菌が増えるからなんです。

ローズオイルには殺菌作用があることが知られていますが、ローズオイルを服用することで人体に有毒な大腸菌の発育を阻害することができるという研究報告があります。

こうした悪玉菌を阻害するローズオイルの作用が間接的に免疫力を高める作用につながっているともいえます。 とはいえ、腸内環境を変えるなら普通に乳酸菌を摂取したほうが効果的だと思います。

免疫力を高めるその他のオイルについて

補足としてローズオイル以外にも免疫力を高めるオイルの利用方法を紹介しておきます。

まずはオリーブオイル。

オリーブオイルに含まれているオレイン酸は腸の蠕動運動を活発にし、腸壁を滑らかにして便通をスムースにしてくれます。 便秘は腸内環境を悪化させる一番の原因ですから免疫力アップのためには解消しないといけない問題です。毎朝スプーン1~2杯飲むといいそうですよ。

それからローズヒップオイル。

ローズオイルと何かと比較されることの多いローズヒップオイルですが、ローズヒップオイルの免疫力強化作用というのはオレイン酸をはじめ、 ビタミンA・C・Eを豊富に含んでいる点に由来します。風邪の引きはじめにはビタミンCといわれるようにビタミンは免疫力を強化します。

前のページ 美肌効果  | トップページ |  次のページ リラックス効果
Page top icon